油店などについて勉強しました

勉強をしました。油障子とは雨を防ぐため、紙に油をひいて耐水性をもたせた明かり障子のことです。油じょう文とは子どもが約束をたがえぬ証拠に、髪の油を指に付けて柱などに押すことです。脂付くとは体に脂肪がついてつやが出ることです。油照りとはうす曇りで風がなく、むし暑い夏の天気のことです。油火とはともし油に灯心を浸してつける火のことです。油店とは、髪油や化粧品を売る店のことです。「あふり」とは馬具の一種です。はねる泥を防ぐため、馬の両わきに垂らす革製の覆いです。野外での敷物としても用いました。押領使とは平安時代にできた令外の官の一つです。煽るとは風などが物を吹き動かすことです。炙るとは熱気に当てることです。余すとは余らせる、取り残すという意味です。尼削ぎとは尼の髪型、肩の辺りで髪を切りそろえたものです。数多とは人・物・時間などの数量が多いさま、たくさんという意味です。数多返りとは繰り返しという意味です。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較

wp_sv_5267_62338 登録者